新登場の発毛剤ラムダグローは本当にすごいのか!?

どこにも真似のできない独自の研究開発から生まれた最強の育毛剤
としたキャッチフレーズで注目されている
新登場の発毛剤であるラムダグロー。

新登場の発毛剤ラムダグローは本当にすごいのか!?

ラムダグローは、塗布剤と経口剤を併用することでAGAを改善していくために作られた医薬品です。
The Lambda Project(ザ ラムダ プロジェクト)が研究開発しています。
塗布剤にもタブレットにもミノキシジルとフィナステリドをバランスよく配合させることで、併用を可能にしているんですね。
どちらの成分も外側と内側から取り込めるというのは
効果に期待が持てると言えます。
ラムダグローには2種類のタブレットがあります。
タブレットAとタブレットBです。
タブレットAにはミノキシジルとフィナステリドをバランスよく配合させて
同時に2種類の成分を取り込むことに成功しています。
また、タブレットBにはバナナエキスやフコイダンエキス、リジンにアルギニンなど髪を育てるための栄養素をたっぷり配合しています。
この2種類のタブレットを1日1回服用することで脱毛を防いで髪を育てる
栄養を届けて発毛を促進させることができるんです。
朝飲んでもいいし、使用状況によっては2日に1回、3日に2回の服用でも可能です。

ラムダグローの特徴は、発毛の成長期間を改善することができること。
ラムダグローに含まれているフィナステリドによって
発毛を阻害するテストステロンがジヒドロテストステロンに変わるのを
阻害することで、脱毛を防ぐことができます。
ジヒドロテストステロンによって成長するべき髪の毛が抜けるのを防いで
育てることができるんです。

また、ラムダグローはホルモンバランスを整えることもできます。
AGAの原因は、ホルモンバランスの乱れもあります。
ラムダグローに含まれているミノキシジルは毛細血管を広げて血流を促します。
血行促進によって毛根部にまで栄養をしっかり届けて
毛組織の状態を改善させて発毛を促します。
栄養を与えて毛根を育てることでヘアサイクルを整えて
生える毛組織を作ることができるんですね。

さらに、髪を育てるための栄養素がたっぷりです。
ラムダグローのタブレットは2種類飲んで時間差で溶けて効果を発揮させていくから、くまなく成分の効果を得ることができます。

ラムダグローの発毛剤には、ミノキシジルやフィナステリドだけでなく、
フコキサンチンやバナチン、メントールに、べたつきを抑えることにも成功しています。
フコキサンチンは、昆布や海藻に含まれる成分です。
研究によって、フコキサンチンがミノキシジルやフィナステリドの効果を
グンとあげることが分かったということで配合させています。

また、バナチンは、バナナの皮に含まれる成分です。
これも、研究結果により分かった事実ですが、バナチンにはAGAの原因である5αリダクターゼを阻害する働きがあります。
フィナステリドと同じような効果があり、バナチンを配合させることで
フィナステリド効果をより得られるようになっています。

メントールを配合させたことで、使用感は爽快です。
刺激の少ないメントール効果で、爽快感を得ることができるでしょう。

また、リキッドでありがちなべたつき。
いかにも、育毛剤や発毛剤を使っているといわんばかりに
頭皮がべたつくのって不快感ですよね。
見た目にもとても悪いので、朝塗布剤を付けていないという方もいたはず。
ラムダグローはべたつきを抑えることに成功しているので
朝、塗布してもこれまでのような不快感や見た目の悪さを解消できます。
これなら、朝も夜も思う存分頭皮ケアが行えますね。

このように、ラムダグローは内側からも外側からもAGAの原因を阻止し
発毛させる作用を引き出すことができます。

ただし、ラムダグローの効果を得るには発毛剤とタブレットどちらもしようしなければいけません。
発毛剤だけ、タブレットだけ。
という使用方法では本来の発毛効果は得られないとのことです。

用法、用量など使用方法をしっかり守ることで
ラムダグローの効果を得ましょう。